しきん

学資保険の申込から契約までの流れ

お子さんが生まれてから、加入しようかと検討される保険の一つに学資保険があります。
現在学資保険の加入者は、年々増えてきています。
そもそも学資保険とはどのような保険なのか?こちらにかいてあります。
学資保険の必要性についてはこちらのサイトにかいてありますので参考にしてください。
保険に関しては、若い世代になるほど意識が低くなって着ています。
しかし、そんな若い世代においても学資保険だけは、入ったほうがいいのではと検討される人が多いです。

一番の理由は、子供が生まれた時に親から学資保険に入ったら?と言われることがきっかけです。
では、学資保険は生まれる前から加入することはできないのでしょうか?
親の世代と言えば、保険に多く加入してきている人がとても多いです。
なので、子供が社会人になったり、結婚したりなどの人生の節目に保険の見直しをしてきています。
その時には必ず加入している保険会社の保険員が、状況に合わせて声をかけてこられることが多いです。

また多くの保険人との関係が近所の人だった李、子供の同級生の母親だったりなど身近な関係が多いです。
契約者のことをよく知っているので、プランニングがしやすいとも言えます。

その他にも出産する産院などで、退院の時に学資保険の案内状をもらうこともあります。
また育児雑誌などでも、学資保険の特集が組まれたりしています。
それ以外では、子供を通じて知り合ったママ友などから学資保険の話題になることもあります。

このように学資保険は、今とても身近なものになっていることが多いです。
しかし、いざ学資保険に加入しようと思っても、契約するのにどのようなものが必要なのか、
加入の条件など知らないことも多いです。

多くの保険会社では、保険員によって保険の説明が行われ、保険内容の確認が行われます。
その時に自分のライフプランに沿って、計画を建てられています。

将来かかる養育費のために、どのぐらいの貯金が必要で、
学資保険によってどれだけだめられるのかなどを計画します。

また保険重視であれば、子供のけがや病気に対しての保障プランや、
契約者が万が一があったときの保障などを理解して契約しましょう。

契約に関しては、契約書の記入と、契約者本人の健康状態の告知が必要です。
保険会社によって健康状態の告知に関して、面談で行う場合と面談なしの場合があります。
場合によっては、医師の診断書が必要な場合もあります。

保険に加入するときに、断りにくいからと相談員と面談して契約するのをためらう人もいます。
なので契約者の健康状態も自己申告で契約できる場合もあります。

これらの書類がしっかり揃い、保険会社の審査の結果保険の加入が認められた場合に、
保険証が手元に届きます。
保険証が保険に加入していますという証明になります。
なのでなくさないように、しっかりきちんと保管しておきましょう。

Menu