しきん

子ども医療費助成制度って?

子供が生まれると出生届を出しに行きますよね。
その時に一緒にいろんな手続きを一緒におこなう人が多いです。
子供手当の手続きと同時におこなうのが、子ども医療費助成制度の申請です。

各自治体によって制度内容が違うということをご存知でしたか?
子供が生まれるまで医療費の助成があるということを知らない人も多いのではないでしょうか。

新生児から幼児になるまでの間、病院に通うことはとても多いです。
お宮参りや七五三で神社に行く、保育園へ行くなど外出の機会が増えると、外出先で菌をもらってくるわけです。
特に子供が小さい頃は、市販の薬を飲むことはできません。
しっかりと体重に合わせて処方された薬や、効き目が強すぎる薬などは飲むことができません。
なので病院に行って処方箋をもらって、治療をしなければいけません。

そしてまた経過観察をするために病院に通うことになります。
一度風邪をひくと、治るまでに数回通わなければいけないことが多いです。

そうなってくると負担になるのが医療費です。
大人でも一回病院にかカルト数千円の支払いになります。
子供でも同じぐらいかかると、病院にかかるのが家計に重くのしかかると感じる人もいます。
ですが子供の場合、子ども医療費助成制度を利用することで、医療費かなり抑えることができます。

各自治体によっては、多少の制度の違いはあります。
大人なら数千円の負担になるところが、数百円で医療費を賄うことができます。
自治体によっては、月に1500円以上など決まった金額より医療費がかかった場合は、
申請すれば返金してくれるところもあります。

ただし子ども医療費助成制度が使用できるのは、各自治体になる病院のみです。
県外などで病院にかかった場合は、一般的な医療費負担になります。
しかし、その領収書を各役所に書類を書いて提出すれば、オーバーした分の医療費が戻ってきます。

また子ども医療費助成制度は、年齢制限や所得制限が各自治体によって違います。
ほとんどの家庭では、医療費の負担が軽くなります。
子供のころは、医療費があまりかからないことが多いです。
なので、学資保険での医療費の保障はそこまで手厚くする必要はあまりないのかもしれません。

各家庭で環境も違いますでしょうし、そういった医療制度だけでは不安に思う人もいるかもしれません。
そういった制度のあるということを含めて、子供に適した学資保険の内容を検討するといいでしょう。

Menu