しきん

学資保険と一緒に他の保険の見直し

人生にはいくつかの節目があります。
社会人になったとき、結婚した時、子供が生まれた時など様々です。
中でも子供が生まれた時は、大きく保険をみなおすべき時だといえます。

その理由として、一番は子供の成長に合わせてかかってくる養育費の確保です。
今子供の進学率はとてもあがっていて、多くの子供が高校卒業後進学する場合がほとんどです。
短大、専門学校、大学など選択肢は様々ですが、教育費の中でも多くの負担がかかる時期になります。
とても多くの養育費がかかると、漠然的に不安に感じる人が増えてきています。

もう一つは、もし契約者が万が一のことがあったときに
その後の生活や、養育費に関して不安に感じる人が多いです。
契約者のほとんどが、その家庭の大黒柱となっている場合がほとんどです。

さらにお子さんが小さい場合は、夫婦どちからが子育てに専念して仕事をしていない場合が多いです。
なので、契約者に万が一のことがあった場合、世帯の収入が全くなくなってしまいます。
保険に加入していない場合は、急に家計困難に陥ってしまいます。

そうならないためにも、保険の加入はとても大事になってきます。
特に子供が生まれた場合は、契約者が抱える負担がとても増えてきます。
なので学資保険と同時に、生命保険も一緒に見直すことがお薦めです。
こちらに学資保険の知識がたくさん書いてあるサイトがありますのでよかったらご覧ください。


契約者が万が一のことが起きた時に、子供にかかる養育費が賄えるような保険内容にする必要があります。
先に生命保険を加入している場合は、契約内容によっては学資保険と重複する場合もあります。
また解約のタイミングなどでは損をしてしまうこともあります。
なので、どのような備えがあれば安心なのか、相談しながら契約することが大事です。

家計の経済状況や、家庭環境によって入るべき保険も大きく変わってきます。
契約者の年齢や、契約者の職業なども影響してきます。
なので一概に、この保険がいいとは限りません。
だからこそ、なじみのある保険員に相談してみるのもいいでしょう。

今加入している保険の解約も念頭に置くのであれば、
様々な保険を扱っている窓口などで相談されるのがお薦めです。
いろんな保険会社の中から、家計に合った保険を選んでもらえます。
特に学資保険と生命保険を同時に加入することで、無駄な出費も抑えることができます。
学資保険の人気ランキングはこちら。

計画的に貯蓄できるため、余裕のある範囲でご自身への投資をしてみてもよいでしょう。
インプラントと天然歯の違いもご覧ください。

Menu