しきん

保険の保障内容重視の学資保険

みなさんは学資保険って何か知っていますか?
学資保険には大きく分けて二種類のタイプの学資保険に分かれます。

一つ目は、貯蓄重視の学資保険です。
特徴は、毎月の保険料の支払総額よりもお祝い金として支払われる額の方が多くなるというものです。
教育費を貯めるのに学資保険は万能なのでしょうか?
気になる方は、こちらをご覧ください。
貯蓄重視のタイプは子供に対する保険内容は省かれていることが多いです。




二つ目は、保険重視の学資保険のプランです。
毎月の保険料に対してお祝い金としてもらう額が少なく、元本割れしているプランがほとんどです。
その分、死亡保険が高いもの、けがや入院費用に対する保障などに対応して
手厚い補償が受けられるようになっています。
子供は大きくなるほど、けがや病気の可能性が高くなります。
なので万が一の時に備えて、保険に入るという人もいます。

学資保険の一番のメリットは、
契約者に万が一のことがあったときに保険料を払わなくてもいいということです。
保険料を払わなくても契約通りのお祝い金を受け取ることができるという点です。
なので、一番お金が必要な時期に合わせて、しっかり養育費を確保できます。

そのメリットをより充実させたものが、保険重視の学資保険です。
学資保険を扱っている保険会社によって、いろんなメリットはあります。

例えば、契約者に万が一のことが起きた時、毎年養育年金というものを受け取れるプランもあります。
契約者のほとんどは、家計の大黒柱となっている人がほとんどです。
なので、もし万が一のことが起きた場合、
収入が一気に減ってしまい、日常生活が困難になることが多いです。

進学などまとまった大きな教育費はもちろんのですが、毎年かかる養育費も負担になります。
そんな時に保険料を払わなくても、毎年養育年金がもらえるのは、安心です。

また5年ごとに契約者配当金を支払う保険プランもあります。
配当金も一緒に養育費として、一緒にためておかれるとさらに安心です。

特に学資保険以外にお子様に保険をかける予定がいない人などは、
保険重視のものにされるのも一つの方法です。

また契約者以外収入がない場合で、契約者の保険が未加入の人にもお勧めのプランになります。
保険もたくさん入ると管理するのが大変だと感じる人や、保険内容が重複する場合などは
学資保険に重点置かれるのも一つの方法です。

学資保険の保険会社選びのポイントも参考にして、保険を見直しましょう。

Menu