しきん

返戻率の高い学資保険

学資保険に加入するときの決め手になったというのが、
高い返戻率の学資積立プランがあったからという人が多いです。

高い返戻率の学資積立プランというのは、実際に保険料として支払う総額よりも、
お祝い金として受け取る額の方が多い学資保険を指します。
学資保険の案内には、返戻率○○%と表現されています。
学資保険に加入する人の多くの人が、最大のメリットとしてとらえている人が多いです。

しかし多くの学資保険は、元本割れをしてしまうものが多くなっています。
高い返戻率の学資積立プランを設けている保険会社は、あまり多くありません。
高い返戻率の学資積立プランの特徴は、学資保険の補償内容を抑えることで、返戻率をあげています。

なので契約者の死亡保険金が低く設定されていたり、
子供のけがや病気に対する保障がないものが多いです。
それらを理解したうえで加入する必要があります。

また返戻率は支払い方とお祝い金の受けとり方によって、変動してくるのも特徴の一つです。
学資保険の案内には、返戻率が一番いいパーセンテージで案内されていています。

どのプランでもこの返戻率が当てはまるわけであはりません。
なので、思ったより期待していた額がもらえなかったということもありえます。
契約する際に返戻率をしっかり聞いたうえで契約するようにしましょう。

返戻率が高くなる条件はいくつかあります。
まずその条件の一つとして、学資保険のお祝い金の受け取り型です。

学資保険によっては、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学などの
入学に合わせてお祝い金をもらうプランがあります。
それとは逆に、高校入学と大学入学、もしくは大学入学の時にまとめて
一度にお祝い金を受けとるプランがあります。

コンスタントにお祝い金をもらうよりも、まとめて一度に受け取るほうが返戻率は高いものが多いです。
特に受け取り時期が、遅くなるほど返戻率は高くなります。

なので一番養育費が多くかかる大学入学に合わせて、
お祝い金を一度にもらうもが一番メリットが高いです。

もう一つは、支払い期間です。
支払い期間が短く設定した人ほど、返戻率が高くなっています。
また一括で支払われるとより返戻率が高くなります。

しかし支払い期間が短いほど、学資保険のメリットを十分に生かせないこともあります。
それは、契約者に万が一のことがあったときに支払いが免除になるというメリットです。
支払い期間中に契約者が何かあった時に適用されるものです。
なので支払い期間が短かったり、一括の場合はそのような万が一の備えにはならないといえます。
学資保険の返戻率ランキングはこちら。

このように計画的に貯蓄が出来ていれば、余裕のある範囲でご自身に投資をしてもよいでしょう。
インプラントを始めたい方は、インプラント治療の種類とメリットをご覧ください。

Menu