しきん

配当金が受け取れる学資保険

世界的に比べても、日本人の保険に対する依存率はとても高いです。
保険に加入することで、安心した生活を手に入れられると思う人が多く、需要や市場もあります。

そんな各保険会社が、様々な特色をもうけた保険プランを作ってきています。
なので選択肢も広く加入者にとっては、何をどうやって選んだらいいのか
わかならなくなるのではないでしょうか?

そんな保険の特色の一つとして、契約者配当金をお支払いする保険というものがあります。
契約者配当金をお支払いする保険には、メリットがいくつかあります。
まず一番のメリットは、満期になった時に契約した満期の金額とは別に、
契約者配当金として多くお金がもらえるということです。

今普通預金をしても、金利がとても低いのが現状です。
同じ金額を毎月積み立てていっても、金利として増える金額は微々たるものがほとんどです。
しかし、万が一の保険に備えつつも、お祝い金や契約配当金が支払われれば、
通常預金よりもお得になる場合もあります。
なのでそういった保険を賢く利用するのも一つです。

中には自分で計画的に貯蓄するのが苦手な人もいます。
そういう人にとっては、引き落としで確実に貯蓄することもでき、
なおかつ契約者に万が一のことがあっても備えることができます。
子供の養育費を目的とした学資保険のなかにも、契約者配当金をお支払いする保険もあります。
契約した保険内容によっても異なりますが、契約者配当金の支払われ方も違ってきます。

例えば、満期になったとき以外でも支払われる場合があります。
それは、5年ごとに契約者配当金が支払われる学資保険です。
契約してから一定期間を過ぎると、五年ごとに契約者配当金が支払われます。

ただしどの保険でも、いえる注意点が一つだけあります。
それは必ずしも、契約者配当金が支払われるとは限らないということです。

なぜなら、契約者配当金は加入した保険会社が、
お金の運用をして予定利率をうわまった時に支払われるものだからです。
なので金額も確実にこのぐらいの金額だということもいえません。

契約者配当金はもらえたらラッキーだったなというぐらいで考えておいた方がいいでしょう。
もしもらえた時には、その金額も一緒に養育費として貯蓄しておくと
より効率よく養育費をためることができます。
学資保険への加入はいつが最適かはこちらを参考にしてください。

配当金と聞くと、まるで株式投資のようですが、株式投資も立派な資産運用といえるでしょう。
銘柄スクリーニング機能やチャート機能など充実したソフトを提供している証券会社を利用して、
株式投資を始める
のもよいかもしれません。

Menu